会社で熱帯魚のブログ

強制的に会社に水槽を設置!!!

会社の会議室等で半強制的に設置した水槽に関して書いていきます。
ラミレジィ・コリドラス等、小型魚メインになります。
(Tropical fish blog at company
Forcibly install a tank in the company! ! !
At meeting rooms in a company, a half, it'll be written about an installed water tank compulsorily.
ramirezi corydoras will be small fish Maine.)

インカ50ペア+30水槽②のトリファペア。

おはようございます。
30×45×45水槽のインカ50。
5日前の画像。

この時はまだお腹が膨らんでおり産卵前だったと思われます。


2日前、雌のお腹がぺったんこで雄に追い回されていました。
ん???
まさかと思い、シェルターと流木の裏を見ると、、卵なし。。
生んだと思うんですが、雄雌どちらかが食べてしまったようです。


さて困った。
今度産卵の兆候がでれば、まず雄を隔離してみましょう。


トリファ雌にピントを合わせずにホシクサSpポラリスに合わせた画像。

ん~~
調べてみました。
「花茎は環境が悪化傾向にある時や一年草で晩期を迎えた時等に出すと考えられます」
とのこと。
そういや、購入して8ヶ月くらいになるか。
元々大きな株だったから寿命ですかね。
こうも書いてありました。
「それでも花茎を出した場合には、カットすると良いでしょう。花を咲かせて種を成熟させることは、株にとってかなりのエネルギー消耗に繋がるためです。」


え~~
切るのいやだなあ(笑)



30水槽②のAPトリファ。
30水槽①から引っ越していた雄に虐められてしょげていた雌ですが、ちょっと黄色に戻りました。
で、産卵用に入れている土管みたいなのに陣取るようになっています。

わかりにくいですね。

こんな感じ。。
こうなると、、
餌を求めて寄ってくるコルレアなどにも攻撃するようになります。
見えやすいようにと真ん中に置いたのが悪かったな。


ちなみに雄は雌を攻撃するのをやめて、ちょっと離れたところにいますね。

鱗など剥がれていないので、雌に突かれていることもなさそうですね。
というより、土管のそばの通る他の生体に攻撃するのでやはり雌は産卵済みかな。


この記事書いていたのは数日前ですが、
こちらも雌は土管に寄りつかなくなりました。
ん~~難しい(苦笑)

すでに雌は婚姻色消えています。
雄の攻撃は緩くなっていますが、この組み合わせは相性良くないかな。


今日の1枚

数日前にブセファランドラの花が散っていたことを欠きましたが、もう先の部分がありまません。
エビが食べるのかな??

チャーム本店

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。