会社で熱帯魚のブログ

強制的に会社に水槽を設置!!!

会社の会議室等で半強制的に設置した水槽に関して書いていきます。
ラミレジィ・コリドラス等、小型魚メインになります。
(Tropical fish blog at company
Forcibly install a tank in the company! ! !
At meeting rooms in a company, a half, it'll be written about an installed water tank compulsorily.
ramirezi corydoras will be small fish Maine.)

駐車場は・・・・・・・・・寒し!!

おはようございます。


12/8の休日メンテ時のお話です。



暑い時期に会議室から駐車場へ移動したけど。。


寒い・・・


すげ~~寒い・・
朝早く来て状況確認と餌やり。。
会議室は2階でエアコンついてなくても朝はそこまで冷えないんですが、
駐車場はだめだ(笑)
寒すぎる。。
真冬何度まで下がるんだろう。。


真夏も厳しそう。。
1階で床コンクリで室内。条件的には日も当たらないからいいはずですが、
風が通らないし、平日でもエアコンないのでどうなるか。。
会議室は休日のみ意識してればよかったんですけどね。


まあ、
その寒い中でもメンテは必要で。。
飼育水のあったかいこと。。
「??!!こんな水温で大丈夫か!!」って思うほど温かく感じます。


そうそう。
そういう状況下ではヒーターが活躍するわけですね。
でもちょっと確認してみてください。


温度調節付きであろうが、固定オートヒーターであろうが、稼働中はLED光ってると思います。
水換え直後など光りっぱなしのやつです。
外気温が低い時にず~~~~と点きっぱなしだと容量が足りてない可能性があります。
26度設定で点きっぱなしであれば、もう1本追加するか、容量の大きいタイプに変更したほうがいいかと思います。


私もブログで書いてきましたが、2回ヒーター不具合でたくさんの生態を☆にしています。


温度が上がるほうの不具合だと2本入れてても意味ないですけど、
下がる不具合であれば、もう1本のヒーターで助かることになります。
会社の水槽数多いんでできてないんですけどね。
ただし、容量は1ランク大きいの使用しています。
問題は、温度上昇不具合時には取り返しつかない状態になりますけど・・・


ああ・・・
それと寒い中でのメンテは手を滑らさないように気を付けましょう。。
1回のメンテナンスで手を2か所負傷。。


陶器のフィルター落として粉砕。。
掃除のときに切ってしまう。



フィルターの給水ガラス管をホースから抜くときに手でもってぐいぐいしていると


「パキッ」


指から血が噴き出しました。
注意力が足らないわけですが、前回メンテ時に大きく手を切ったこともう忘れてる・・


今日の1枚



Apトリファ。オトンとオカンと子供とミナミヌマエビ。
隠れ家から覗いているのはオスのトリファです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。