会社で熱帯魚のブログ

会社の会議室等で半強制的に設置した水槽に関して書いていきます。
ラミレジィ・コリドラス等、小型魚メインになります。

ラミーノーズの産卵前行動?? ラミレジィ産卵・・・

おはようございます。


昨夜、ほぼ照明の消えた60cm(段階的に照度が変わります)を見てみると

MAH03622_haruki
PH/水温センサーのあたりで雄雌が入り乱れて乱舞していました。


動画にしたのですが、横向きで撮影したので見にくいです。すいません。


雄が雌に巻き付くような行動も動画にありますね。


NETで確認すると、ばらまき型で卵も小さく、産卵間近の雌と雄数匹を隔離し


産卵すれば生体を戻し、卵だけで管理となっていますね。


まあ、増やすつもりはないので、いい光景を見れたと思っときましょう。



画像はまともに撮れませんでしたが、60cmのブルーとホワイトのラムが産卵しました。


石組みのいろんなとこでホワイト(雌)が掃除し始めていたので近いんだろうなと


思っていましたが、まあ・・・・撮影出来ないとこ選んで産卵しますね・・・

水槽石組みの上に置いてあるナナ付き流木(手前は名前しらない石付き水草)に


産卵して雄主体で守ってますね。


雌は守って時間より近寄る他の生体を追い払っていえうほうが長いです。


混泳なので、孵化しても食べられてしまうでしょうし、その前に「ここでは無理」と判断


して食卵するかもしれませんが隔離はしません。


隔離しても入れておく水槽用意してないし、アグスはエビ入れちゃったし。。


ホワイトとブルーの子供も興味ありますけどねえ。



来月中旬くらいに60の横に30×45×45を設置しようと思います。


設置用にCo2分岐の部品等、揃えるのにちと時間がかかります。


デビュー水槽の行き場を考えないと行けないんですが、まだ思案中。。。








エビ 届きました。

おはようございます。


昨日、ブルーターコイズシュリンプなるものが届きました。


とりあえず、サテライト使って水合わせの用意しといたので。。

小さな産卵用のサテライトなのにアグスに付けると異常に大きく見えるな。。。


サテライトだけだと、、

こんな感じ。。


丸1日、保温もなく耐えてきたのですね。。。






水合わせして水槽に入れた後の状態。

まあ、、、分かってはいましたが、10匹@5000でしたので選別落ち個体なのでしょうね。


でも肉眼で見る限りは青系のエビということで見栄えは映えると思います。



正直、、ビーシュリンプ自体の知識もろくにないので、即☆にしてしまう可能性大です


が、青系の生体主体の水槽を作りたいのでなんとか生き残って欲しいです。


ちなみに繁殖ねらいで購入したわけではないです。


青ということで衝動でポチってしまいました。



めざすは水草水槽に繁殖したブルーコバルトラミレジィの群泳、んでこのエビを沢山。。


ああ、ラミは別居中だった・・・・






久々にアクアリウムをすることになったキッカケ。

おはようございます。


さて、すでに再スタートして1ヶ月程度経ってからブログを書き始めていますが、


再度、トライすることになったキッカケを書いていませんでした。



以前飼育していた頃は、ブルー系の生体が


ネオンブルードワーフグラミー


ブルーダイヤディスカス


あとまあ、インパクティスケリー


別でメタリックな青としてアーリーが代表だったかな。


アーリーはアルカリ性の水質が必要だったので飼育はしたことないですが、


上記の生体は全部飼育しました。


要は、、青が好きなんですよね。



長年水系の生体は飼育していませんでしたが、子供と田舎の用水路で掬ってきた黒メダカ


とドジョウ、ヨシノボリなどを飼育するのでグラステリアアグスと、コトブキのデビュー


という水槽を購入しました。


その水槽で日淡を飼育したのですが、お客の会社に出向いた帰りに大きめなSHOPがあっ


たので、エサを補充するつもりで寄り道すると、、、

(この画像は今飼育している個体)
ブルーに輝く魚がいるじゃありませんか。


名前を見ると「ブルーダイヤモンドラミレジィ」を記載があり、???となりましたね。


ラミレジィは知っていましたし、昔ドイツラムを飼育したこともありますが、


こんな色してる改良品種が固定されていたのは初めて知ったのです。


「超欲しい!!」と思ったのですが、その店のブルーは状態が良くなかったので手を出し


ませんでしたが、その隣の水槽に

この子たちが泳いでいたんです。


名前を見ると「ホワイティパステルブルーラミレジィ」と記載。。Pr@5,000。


体も小さく状態がいいとは言い難かった個体でしたが、定員呼んで衝動買いで2ペア買っ


てしまいました。


すぐアグスを1台追加して、日淡を外にほりだしていた60cmに入れてアグス2台で


2ペアを飼育することになったのが、熱帯魚飼育を始めたキッカケです。


しかし、本命は「ブルーコバルトラミレジィ」であるため、他のSHOPを何件か覗いて見


たのですが、あまり状態のいい個体がいなかったため、NETで購入しました。


名前出していいかわかんないですけど、


オオツカ熱帯魚さんが目にとまり、思い切って購入したのですが、


丸々太った大きなペアが送られて来てびっくりしました。


そこいらのSHOPではなかなか見ないサイズと色彩、形のいいの個体です。


食卵に関して質問すると、懇切丁寧な回答を頂けたりして助かっています。


今後も、ラミを購入する際はこのお店で購入すると決めています。


ラミ以外はわかりません。。


とまあ、キッカケは 青のラミレジィ に出会ったということになります


ね。