会社で熱帯魚のブログ

強制的に会社に水槽を設置!!!

会社の会議室等で半強制的に設置した水槽に関して書いていきます。
ラミレジィ・コリドラス等、小型魚メインになります。
(Tropical fish blog at company
Forcibly install a tank in the company! ! !
At meeting rooms in a company, a half, it'll be written about an installed water tank compulsorily.
ramirezi corydoras will be small fish Maine.)

60ワイド①水槽リセット。。。

こんにちわ。
60ワイド①水槽ですが、一気に濁りが出て大事な生体が病気に係っているようです。
コバルトブルーラミレジィの雄親・・・
体表の色が薄くなっている。
一部赤くなっている。
底の方で呼吸が荒い状態でじっとしている。

毎日見ていたのに最近あんまり見かけないと思ったら回復出るのか??ってなくらい危ない状態。。
子供やもっと弱い種類でなくて一番強そうな個体がやられるとは思いもよりませんでした。


もう子供は増えなくていいのですが、大事に飼育していたので天寿を全うしてもらいたい。


隔離して薬浴を試みます。


さて、
その60ワイド①水槽。。


すべて取り除く。

砂の下に敷いていたソイル袋も全部廃棄。。。


砂は入念に洗って再利用。。
ホントは新しい砂を入れるべきなんですが、フィルターも全部洗ったので使います。


取り出した生体をプラケースに。。

いや~~~~
沢山いる・・・
ミナミヌマエビなんて生まれたてとか数百匹居ましたね。


で水草は陰性のタイプ主体で戻してこんな感じ。。


んで、
生体を戻す前にアクリルBOXに入れて観察。。


ん~~ちょろちょろ赤くなっている生体が・・・

ん~~~
カラムナリス病かな??
ちと対応が遅かったですね。
コリドラス・ステルバイがほぼこの状態で、カウディマもなっていますね。
ネオンテトラも症状が出ているのも居るし・・・


大きめの個体はほぼ確認して酷い生体以外はリセットした水槽に戻しました。


日々の観察が重要ですね。
結構順調なだったので生体数オーバーでも
「大丈夫」
と甘く見たのが失敗でした。
同じ失敗を繰り返さないようにしないといけないなあ。。



今日の1枚

リセット後、カージナルテトラの群泳が見れました。
落ち着いたらばらけるんですけどね。

チャーム本店

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。