会社で熱帯魚のブログ

強制的に会社に水槽を設置!!!

会社の会議室等で半強制的に設置した水槽に関して書いていきます。
ラミレジィ・コリドラス等、小型魚メインになります。
(Tropical fish blog at company
Forcibly install a tank in the company! ! !
At meeting rooms in a company, a half, it'll be written about an installed water tank compulsorily.
ramirezi corydoras will be small fish Maine.)

ターコイズドラゴンVSインカ50 再び。。

おはようございます。
以前、


を書きました。
その時は、インカ50雄VSターコイズドラゴン雄の威嚇し合いでした。


今回は、インカ50ペア VS ターコイズドラゴン雌 で結構激しくやり合っています。
画像は撮れませんが、水槽奥フィルター給水口付近で威嚇どころかターコイズの雌が体当たりを喰らわしています。


インカ50の雄は参加しているようで若干遠巻きで威嚇。。

雄だけ見えていますが、興奮して縞模様が濃くなっています。
この奥で雌がターコイズに近づいて威嚇中。。
そのインカ50の雌も体色が黄色+黒縞模様で完全攻撃モード。。


会議があって1時間後に見に行くと、ターコイズドラゴンの雌は違う場所にいてインカ50
ペアも落ち着きを取り戻していました。


で、
その戦い中ターコイズドラゴンの雄は、反対側の端っこ底で全く動かず。。。


インカ50とターコイズ。。サイズ差が3倍?位あありますが、ターコイズの体当たりにも動じず反撃に転じたのはびっくりでしたね。


アピストはテリトリー意識が強く、繁殖期には更にその意識が強くなるので、もしかすると繁殖モードに入っているのかもしれません。
給水スポンジのそばにココナッツシェルターがあるのですが、インカ50の雌が頻繁に出入りしているので卵生んだのかな??
雄がシェルター周りを警戒しているので可能性高いですね。


このようにターコイズドラゴンの雌がシェルター周りをうろうろするので、インカ50の雌がガンガン攻撃します。

すごい黄色い。。
ターコイズが近づくとひっきりなしにシェルターから出てきて攻撃するので、産卵後の卵守ってるんでしょうね。



ターコイズドラゴンの雌に関しては全く知識がないのでなんとも言えませんが、体の小さいインカ50の迫力にちょい気後れしているようです。

色が濃くなってインカ50の雄を警戒しています。興奮すると青くなるんですね。
なぜかアクリルBOXの中にいました。(笑)

落ち着いて餌食べてるときの色と大違い。。。


もしインカ50が産卵したのであれば、すぐ隔離できないなあ・・・


さて、、
コリドラスの話し。。
前回購入したコーディマクラータス 。。

ん~~~
カウディマキュラータスと何が違うんだろう???とじ~と見ていても違いがわかりません。
NETで調べても出てこない。。
そこで、恥ずかしながら購入したSHOPにメールで聞いてみると。。。


「コーディマクラータスはカウディマクラータスやコーディと呼ばれますので同一種です。」
と回答が。。。


しらんかった!!


近縁種だと思いこんでいました。
ん~~
コリドラスの名称はややこしいな。。
ラミレジィのコバルト/ダイヤモンド/エレクトロニックなどの名称もそうですが、流通名が複数あるのはなんともなあ。。



今日の1枚

30×45×45水槽にて。。
APトリファスキアータの雄とコバルトブルーラミレジィの子供。。
子供といってもトリファと変わらない。。。



チャーム本店


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。